立ち飲みの老舗 赤垣屋 自慢のどて焼きをお試しください

立ち飲み どて焼き
立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋
立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 ホーム立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 店舗紹介立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 メニュー立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 リクルート立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 会社情報立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 問い合せ

立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 会社情報

■ 沿革

大正12年
(1923)
●酒販店創業(大阪・福島)
初代の母、尾ア小竹は現在でいう「女実業家」。その卓越した手腕で赤垣屋の基礎が築かれる。先代社長の確かな守りと、その母の攻手のアンサンブルで社業発展。
大正14年
(1925)
●全国初の立ち呑み店開業(大阪・新世界)
「よりおいしいお酒をより安く提供して、多くのお客様に喜んで頂きたい」の一心で、地域のお客様の憩いの場として、活気のある、「大阪名物」に発展。現在の「時代に合ったスタイル」へと継承される。
昭和2年
(1927)
●大阪市内繁華街にて店舗展開(12店舗)
「立ち呑み」の赤垣屋としてステータスを得る。たちまち市内に多店舗展開。
昭和15年
(1940)
●中国・南京にて造り酒屋を創業。
尾ア小竹の名より、「竹盃」と命名。フロンティア精神旺盛に事業展開を推進。以後、戦中、戦後の混乱期、あらゆる統廃合をくぐり、戦後の事業展開に取り組む。
昭和23年
(1948)
●現在の旧なんば花月劇場前に戻り、居酒屋再開。
千日前にて立ち呑み店開業。「大衆の心の機微をくみとることを忘れたらあかん」先代社長の思いは、常にお客様とともに歩む赤垣屋として、地域一番の居酒屋を目指す。お客様に喜んで頂きたい、「安くて、おいしくて、楽しい」赤垣屋は、さらに地域密着型へと発展。
昭和30年
(1955)
●南海通り本店ビル新築。梅田地下センター店開業。
大衆居酒屋「赤垣屋本店」(200席)新築。
「なんばの赤垣屋さん」として、地域のお客様に愛され、さらに外食産業へと社業充実期を迎える。
昭和40年
〜50年代
●「地域のお客様第一」の企業理念を推進。
多店舗化の事業計画に着手。
昭和60年
(1985)
●千日前にアカガキヤビルを新築。
「立ち呑みの赤垣屋」は満員盛況の店舗形態としての基本姿勢を確立。
平成5年
(1994)
●お立呑処 赤垣屋 なんばウォーク店 開業。
平成12年
(2000)
11月
●大正12年創業から平成12年再創業へ。
時代に合った立ち呑み業態展開スタート。野田阪神店開業.
平成13年
(2001)
9月
●セントラルキッチン(商品部) 設立。
平成14年
(2002)
7月
●赤垣屋 回転寿司店 開業。
平成17年
(2005)
3月
●おでんとホルモン お立呑処 京橋店 開業。
平成20年
(2008)
4月
●BeerStand LACHEN 開業。
平成23年
(2011)
4月
●お立呑処 あべの店 開業。

会社情報 ご挨拶
会社情報 沿革
会社情報 概要
会社情報

立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 メニュー

立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 リクルート

立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 店舗物件募集のご案内

立ち飲み、串かつ、どて焼きの赤垣屋 ブログ

| HOME | 店舗紹介 | メニュー | リクルート | 会社情報 | お問合せ | サイトマップ |